プロフィール

Asuka

Author:Asuka

"madhu"(マドゥー)はサンスクリット語で"快適な、心地いい"という意味。

ヨガをすることが特別なことでなく、生活の中に心地よく取り入れることができるように、「ヨガ」から皆さんに近づくお手伝いができればと思い、地元の兵庫県西宮市や、神戸、大阪でハタヨガ、マタニティヨガのインストラクターをしていました。

2013年1月から台湾の新竹市で、台湾歴7年になるだんなさんと新生活を送っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣づくり帰国

久々の更新です。

台湾はまだまだ暑いようですが、私は今日本で少しずつ秋を感じています。

長かったというか、あっという間というか、現在妊娠36週で臨月に入りました。

当初は台湾での出産も頭に浮かび、いろいろ情報収集もしましたが、自分がこうするとホッとする、安心すると感じる方を選んで日本で出産することにしました。

1ヶ月半ほど前に里帰りのために帰国して少しずつ必要なものを準備しました。

ずっと置きっ放しにしていた学習机を処分して、余っていたカラーボックスを引っ張り出し、赤ちゃんグッズを詰め込んで、まるで巣づくりのようです。

あと数週間して、オギャーと産まれたその瞬間から新しい日常がやって来るのかぁ…汗 と考えながらも、今はもう、ゆったりとした「今」を味わっています。




スポンサーサイト

言語交換なるものを。

言語交換ってご存知でしょうか??

外国人同士が相手の言語をお互いに教え合う、という感じでしょうか。
日本でも、もしかしたらスタバとかで外国人と日本人が英会話や日本語で会話している光景を見れるかもしれません。

中国語クラスに通いだした当初、「もっと勉強したい!」と思い、1年ほど前からこちらで知り合った、新竹市にあるホテルで働いている20代半ばの女の子とお互いの言葉をカフェで一緒に勉強しています。

彼女も私が通っている新竹市にある大学で日本語クラスを受講していて、学習素材はお互いがクラスで使用しているテキストや配布プリント。
そしてホテルに日本人が宿泊に来るそうなので、「こういうときは日本語で何て言ったらいいの?」と聞かれたことを伝えています。

ただ接客用語になると思うのでカジュアルになりすぎず、彼女にとって難しすぎない丁寧な日本語を、と考えて、あーでもない、こーでもないと頭フル稼働な時間でもあります。

共通語は英語。
日本語のことを英語で説明することがこんなに難しいことなのかとガツンと思い知らされています。

私が中国語を教えてもらう時には、クラスで習っている単語やセンテンス、ダイアログの発音を聞いてもらい訂正するところを教えいます。

あと、スーパーや朝市に行ったときにお店の人とちょっとした、ほんとにちょっとした言葉を交わすとき、「こう言いたいんだけど、中国語でなんて言ったらいいの?」と聞いています。これがなかなか役立つことが多くて、まさに生活密着会話!!
中国語の発音って難しいな~って思いますが、言ったことを理解してもらえると「おぉ!通じた!」とテンション

ふたりで勉強を始めて1年ほどになりますが、最近では私が日本語を伝えるときは日本語で話して、私が中国語を教えてもらうときは相手が中国語を話すという、なかなかハードな提案をしてもらって、トータル2時間ほどの勉強会ですが、終わるころにはわたし、疲れすぎてボー然としています・・・

最近の彼女の勉強方法なんですが、日本語の単語とその単語を使ったセンテンスを先に私が読んで、彼女が繰り返すというもの。とても上手にリピートしてくれるんですが、ひとつ問題が・・・

彼女のイントネーションが関西のイントネーションになってる!
私も気づかないうちに話していて、彼女の発音を聞いて初めて気づかされました

慌てて、「私のイントネーションは東京とかの標準的なものではなくて、関西エリアのイントネーションで、それほど変わりはないと思うけど、一応伝えておくね。それでも大丈夫?」と聞くと、日本語で「ダイジョブデス!」と。

彼女が日本語を話せるようになって、しかもイントネーションは関西弁ってちょっと面白いかも(笑)





パートタイム学生、早や一年



台湾生活に突入し、しばらく経った去年の3月から、近所の大学の語学教育センター内で開講している中国語クラスを受講し始め、早や1年が過ぎました。

当初は、必要ないかなぁ~と気ままに考えていたんですが、買い物に行ったり、レストランに出かけたり、近所で突然見知らぬおばちゃんに話しかけられたりとだんだん、「あれ?やっぱり中国語が少しでも分かった方が何事もスムースなんじゃないか??」と考えが変わってきました。

(見知らぬ人に話しかけられるのは、私を台湾の人だと思って、きっと何か尋ね事をしてきているんだと思います。でもその頻度が多いこと!)

だんなさんと一緒に週1回、2時間のビギナーの授業を受けていて、台湾人の先生が英語で進めていきます。

クラスの生徒は主に、その大学の外国人留学生たち。韓国人やロシア人、ドイツ人にインド人、ベトナム人、そしてインドネシアからといろいろな国から勉強しに台湾に来てるんですね。
その中に交じって懐かしい学生気分を味わっています。でもしみじみ浸っていては、授業についていけなくなりそう

クラスでは宿題も出ますが、漢字の書き取りは免除されています(笑)
でも、同じように見える漢字でも日本で書いてきた漢字とは、ちょっと違ったり。テキストをしっかり見ないと「あ、それは日本での書き方ね、台湾ではこう。」と正してくれます。

始めは簡単に感じて、「あ、中国語、いけるやん♪」と余裕でしたが、2年目に入ると文法もだんだん難しくなり、当たり前だけど単語も増えてきました^_^;

来週は中間テストがあるので、ひとまずテストに向けて突っ走り勉強します





暑くなってきたら、コレ!

台湾の暑さは急にやってきます。

朝起きたら、モワっとした空気を感じて、「暑い!」

去年の夏の暑さもかなり堪えましたが、こちらで1年と少し生活して思ったことは、
「暑い国だからか、夏野菜と果物がおいしい!」ことです。
特に果物は甘くて、とってもジューシー。


最近台北で、日本からやって来た「暑い日にはコレ!」というものに出会いました。
「讃岐うどん元氣玉」


だんなさんの職場の方に教えてもらったんですが、このお店、香川県にしか店舗がないらしく、そしてなぜいきなり台北進出!? と一瞬疑問を持ちますが、台北で暑い日に、たくさん歩いたので冷たいうどんをツルっと食べたかったので、だんなさんと迷わずお店に向かいました





ぶっかけうどん小をチョイス。小で多分日本の普通だと思います。一緒に鰹だしのスープもついてきました。
サイドメニューにかき揚げを注文しましたが、大きいかき揚げがふたつもついてきた!!二人だったらひとつをシェアしてもいいかも。

うどんはしっかりコシがあって、モチモチ!
台湾人が食べたら、「QQ的!」っていうのかな?(QQでモチモチの意味だそう)
モチモチ麺なので、食べごたえもしっかり。かき揚げもボリューム充分!

台湾で食べる麺は、台湾人の好みなのか、柔らかめ。パスタもアルデンテになかなか出会えないかも・・・泣
そんな中、ここのうどんは大満足

お店の隣には日本の雑誌を取り扱っている本屋さんもあって、ほぼ同じ時期に発売されている最新号が揃っていて、日本の旬のファッションを目にして、ワクワク


さっぱりした日本の味が恋しくなったら、迷わずここ!です





冬眠からの目覚め

先日NHKニュースで動物園のクマが冬眠から目覚めたというニュースを観ました。
見ているこちらの期待を裏切らないくらい、檻から出てきた目覚めたばかりのクマは、動きも鈍く、フラフラ、ボンヤリ。

「まるで、私みたいやな・・・苦笑」

すっかりブログから遠のいていました。

今年の台湾の冬は去年より、長く、寒かった!!

「台湾でダウンコート、ブーツ、必要ないんじゃない!?」と甘く見てました・・・・・
こちらでも日本の冬と同じように十分真冬のファッションを楽しめるし、暖房や湯たんぽ、カイロにはお世話になりっぱなしでした。

去年の今頃はとっくに暑かったのに、最近は暑かったり、暖かかったり、少し肌寒かったり、と気温が不安定ですが、その分去年よりゆっくりと季節の移り変わりを感じる日々です。

去年見ていた花が咲きだしたり、いい陽気に誘われてか、家の前の大学のキャンパス内ではジョギングをする人が増えてきました。
あ、暖かくなって蚊も増えてきた!汗


今考えると、年が明けてから随分スローペースで来たなぁ、と思ってますが、そろそろ長い冬眠から動き出そう。









madhu lifeの棚
リンク
RSSリンクの表示
ランキングに参加しています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。